刑事事件としての飲酒運転の種類や処罰について

飲酒運転の種類

行政処分だけではなく、刑事事件としても厳しく罰せられる飲酒運転は、法律上では酒酔い運転、酒気帯び運転の2種類に分けられます。また、さらに悪質なものとしてめいてい運転もあげられます。

酒気帯び運転の定義

酒気帯び運転は、呼気1リットルあたり0.15ミリグラム以上、血中1ミリリットルあたり0.3ミリグラムのアルコールが検出された飲酒運転のことです。
見た目には酒に酔っていることがわからず、アルコール検査によって初めて飲酒していると確認できる場合なども多いです。

酒酔い運転の定義

それに対して酒酔い運転とは、明らかにアルコールの影響で正常な運転ができないだろうと判断される飲酒運転のことです。
実際には、警察官とのやりとり中でろれつが回っていなかったり、真っ直ぐ歩くことができていなかったりということで酒気帯びではなく酒酔い運転だと判断されます。

めいてい運転の定義

また、さらに悪質な運転として、危険運転致傷罪の対象となるめいてい運転があります。
めいてい運転は酒酔い運転の中でも正常な運転が明らかに困難な状態で実際の運転を行っていた場合の危険な運転を指します。
具体的には公共物にぶつかりながら運転をしていたり、蛇行運転が目撃されていたりといった場合が該当します。こちらの刑事罰は特に重くなっています。

飲酒運転の刑事罰

刑事処分として、酒気帯び運転は、3年以下の懲役、または50万円以下の罰金、酒酔い運転は5年以下の懲役または100万円以下の罰金が課せられることになります。
めいてい運転は危険運転ともいわれ、人身事故を起こした場合には20年以下の懲役刑が処せられる対象となります。
また死亡事故を起こした場合には裁判員裁判となり、同じ危険運転致傷罪の中でも、めいていの故意があったのかなかったのか、積極的危険運転か消極的危険運転かなどを争点として、刑事事件としての厳しい刑罰が求められることになります。