居眠り運転の交通事故による刑事事件の可能性

居眠り運転は誰にでも起きうる

トレーニング場でバランスを取る女性車の免許を取得して車を運転するという事は、行動範囲が広がり、非常に便利な側面を持つと同時に交通事故などの危険もはらんでいます。
注意深く運転していても、不慮の事故というものは、あり得ますが、できれば事故などは、起こしたくないと誰もが考えている事でしょう。
しかし飲酒運転は避けれても、居眠り運転などはささやかな判断ミスで起こりがちです。
いざ事故を起こした時の心構えは、持っておかなければ、車を運転する資格はそもそもないのではないでしょうか。

人身事故を起こしてからの対応が運命を決める

何よりも、運転するからには、人身事故もないとは言えません。
その時の軽い判断で飲酒をしたり、事故を起こしても被害者を助けずに逃げた場合、事の重大さが変わってきてしまいます。
安易な判断で、人生を無駄にしないためには、事故後の行動が重要なのではないでしょうか。

民事事件と刑事事件での取り扱い

では、事故に良いも悪いもないでしょうが、どのような扱いを受けるのでしょうか。
交通事故を起こした場合、民事事件と刑事事件に分類されます。
正確には他にもありますが、この2つで説明します。

民事事件のみで扱われるケース

民事事件で扱われる場合は、物損事故など人身事故などでない時、あるいは人身事故でも軽度の場合は、民事事件でで扱われる可能性が高いです。
しかし、ひき逃げや飲酒などの場合は話が別で刑事事件に発展します。

刑事事件としても扱われるケース

今までの説明の流れからも民事事件よりも、刑事事件の方がより重い罪になる事が分かるのではないでしょうか。
もちろん通常の事故、悪質なケース以外では、裁判になったとしても、被害者との間に示談などが成立すれば、執行猶予にとどまる場合もあります。
ただし悪質な場合は、全く異なります。
加害者がひき逃げしたり、飲酒運転などであったり、死亡、重症などが絡んだ場合がこれらの悪質なケースに当てはまります。
過失の上限により、逮捕された場合でも示談などが成立すれば、執行猶予になる可能性もある点から、日本の裁判では示談を重要視している事が伺えます。
しかしたとえ示談が成立しても、刑務所に入ることも多くあるのです。