刑事事件における逮捕の種類について

逮捕には3つの種類がある

刑事事件における逮捕には3つの種類があります。
通常、現行犯、緊急といった逮捕の種類が存在するのです。

通常逮捕の場合

通常の執行の場合は令状を面前で示し疑いのある罪状と理由を告げてその手続きを行います。
令状は捜査機関ではない裁判所によってその要否のチェックを受け、必要があると判断されると実行できる手続きとなっているのです。

現行犯逮捕の場合

現行犯の場合には、現に犯罪を行っている犯人をその場で取り押さえることになります。一般人でも可能な逮捕の方法です。実際にその場で犯罪が行われているので、裁判所の事前チェックなしでも執行が可能となっているのです。

緊急逮捕の場合

緊急で行う場合には、被疑者が一定の重罪を犯したこと疑うに足る十分な理由が存在し、身柄確保に緊急の必要性がある場合に執行する手続きのことをいいます。
このような逮捕で身柄を確保された後は、拘置施設内に拘束され、取調べを受けることになるのです。

取り調べの前に弁護士を呼びましょう

ほとんどの被疑者は初めて身柄を拘束され、精神的にも肉体的にも疲弊した中にあって取り調べを受けるため、検察官の誘導にのってしまい事実と異なる供述調書にサインしてしまうこともありますが、これが後々の証拠となってきますので、厳密な対応を行うことが求められるのです。
こうした事態に陥ってしまった場合には、まずいち早く弁護士を選任し、しっかりと接見して善後策を話し合うことが重要になってきます。

弁護士は被疑者の代理人として活動する

身柄を確保されている被疑者自身はほとんどなにもすることができませんから、しっかりとした弁護活動ができるのは弁護士だけになってしまうのです。
弁護人とは警察官の監視のない状況で自由に接見を行うことが出来ますので、このあとどのように振舞っていくべきかなどについてもアドバイスを得ることが出来ることになります。
とくに取り調べへの対処法についてはしっかりと相談することが重要となります。