刑事事件で有罪になりそうな場合、執行猶予を狙いましょう

日本の場合、起訴されればほぼ有罪となります。

緑の公園をランニングする女性刑事事件で有罪になった場合には、その先どうするかを決めなくてはなりません。
日本の場合、刑事関連の事件では裁判を経て無罪になる可能性は1%程度となっており、無罪を勝ち取ること自体かなりむずかしいことを示唆しています。

執行猶予を狙って闘う

ただし、かなりのケースが執行猶予となることが多いため、あえて執行猶予を勝ち取る形で裁判を闘っていることも一つの考え方として持つ必要があるようです。
もちろん無罪を主張するのであればそのまま控訴して戦うということもありますが、自ら罪を認めていくのであれば減刑にフォーカスした動きをとるということも重要な選択になるのです。
たとえば起訴される前の段階で刑事事件に被害者がいる場合にはなんとか示談交渉をして話しをまとめておくというのも減刑や執行猶予処分になるためにはかなりプラスになる動きとなります。

弁護士による法廷闘争にかける

同じ有罪でも実刑を伴わないようにする方針をしっかりと立てていくというのも一つの戦略となります。
そのためには弁護人を早い段階で選任し、しっかりと打ち合わせをして被告の代わりに有益な活動をおこなってもらうことを考える必要がででてくるのです。
拘留されている被告人はなにも具体的なことができませんが、弁護人ならば代わりに動いて被害者に謝罪をすることもできますし、和解するきっかけをつくることもできるのです。
示談交渉が成立すれば告訴などを取り下げてくれる可能性がでてきます。
もちろん刑事裁判にも少なからず影響を及ぼすことになるのです。
こうしたことからどうやって実刑の有罪を回避するかについても、しっかり考えておく必要があるといえるのす。
それぐらい国内の刑事事件裁判では無罪を勝ちとることは難しくなっていることを認識する必要があります。