刑事事件を示談にするための方法とメリットについて

示談は弁護士に交渉を任せよう

夜の大通りでローラースケート刑事事件を起こしてしまった加害者が、裁判ではなく被害者と話し合いで事件を解決することを示談と言います。
方法としては、まず加害者は弁護士に交渉を依頼する必要があります。
被害者が加害者に対して自分の氏名や連絡先などの個人情報を伝えることを拒否するケースが多いため、弁護士を通じて警察や検察に被害者と連絡をとりたいことを伝えて、初めて交渉が可能になるからです。

弁護士が冷静に示談交渉を進めます

次に被害者や被害者家族の気持ちをきちんと考えた上で慎重に交渉に入ります。
弁護士は加害者本人からの謝罪や反省の意向も被害者側に伝えていきます。
被害者と加害者が直接話し合いをすると感情的になってしまうため、弁護士が間に入って冷静に進めていくことが重要です。
被害者が示談に応じる姿勢を見せた場合には、具体的な金額を提示して交渉を詰めていきます。

示談交渉が成立した場合

交渉成立した場合の金額は一律ではなく、被害の程度や感情によって高額になるケースも多くあります。
成立した場合には、書類を作成して検察庁や裁判所に提出します。
内容は、事件全体の概要、金額、支払いの方法、支払う時期、支払後の条件や約束など、交渉の中で取り交わした内容を全て明記します。

示談を行うメリット

示談を行うメリットはいくつもあります。
被害者に対して全面的に反省しているという誠意を見せられること、成立すれば逮捕や起訴をまぬがれることができること、裁判にならずに事件解決でき前科がつかずにすむことなどです。
また、万が一交渉の最中に裁判になってしまった場合でも、途中で成立すれば刑が軽くなるケースが多く、執行猶予につながりやすくなります。
刑事事件を起こしてしまった場合には、なるべく早い段階で優秀な弁護士に依頼をして、自分が犯してしまった行為を精算できるように努力することが大切です。